OLDMAKERS

主にArduinoを使った「モノ作り」を紹介しています。電子工作とは無縁であった元機械技術者の悪戦苦闘の記録です。

Arduinoキットはすべてが揃っていて使いやすいのですが、小型の機体を作ろうと思うと意外とスペースをとってしまいます。 これまで作ってきた自律走行ロボット、倒立振子ぐらいならマイコンatmega328を利用して必要な構成で自作することが可能です。 atmega328以外に必要な ...

Arduinoでの次号機は倒立振子としました。前号で紹介した参考サイトの他にも探しているうちに色々と見つかってきました。 倒立振子の製作例には大きく分けてモータの種類によってふたつに分かれるようです。 DCモータ(減速機付き)を使うか、ステッピングモータを使うかで ...

 次はなにを作ってみようかと考えています。 他のセンサを勉強してみたいということで調べていると、ジャイロを使った「倒立振子」というものが面白そうです。 倒立振子とは手のひらに棒を立てて倒れないように左右に動かしてバランスをとるというものです。手のひらで考 ...

改善ポイントであった速度アップ、カバーの追加、プログラムの完成を行いました。 速度アップは9V積層電池をモーター駆動専用に追加、カバーは透明な半球を追加。 完成した姿です。 プログラムは試行錯誤の末に、前進中に障害物あれば、まず右方向を探り、スペースあれば ...

現役技術者のころには無縁だったCADそれも二次元を飛び越えて三次元CADを使い始めました。 半世紀前に新入社員として配属された設計部で、自分用のドラフターを目の前にしてなんとも嬉しかったことを思い出します。会社に行くのが楽しかった時代です。あれから何年かして自 ...

試運転の結果、色々と不具合が見つかりました。 クローラーの回転方向の間違いぐらいは可愛いのですが、走行中に距離センサーが変な値を検知してしまいます。 結局、センサーの高さが低すぎて地面の反射を拾っているようです。20㎜ほど高くすると改善されました。 つぎの ...

車体もほぼ完成したので、制御基板を作ります。 構想図はFritzingというフリーソフトを使って描いてみました。初めて使うソフトですが、Arduiono専用のソフトでなかなか使い易いです。 前照灯は光電素子を使って、暗くなると点灯するようにしてみました。 Arduino基板に被 ...

↑このページのトップヘ