電源レベルメータの予備試験を終えてトップカバーに組み込んでみました。

IMG20211025145016

 ボディの空きスペースに押し込めば組み立ては出来そうですが、後の組み立て工程で問題になりそうです。

 それにもまして、たかだか5個のLEDを光らせるのにこの基板は大仰です。

 専用基板を起こすことにします。

 回路は上の画像のNFJ製キットとKA2284メーカのデータシートを参考に以下のようにしました。
bandicam_2021-11-01_12-05-09-998

 上の回路図で2.2μのコンデンサの極性が反対のように思えるのですが逆にしたり直結したりと試してみましたがこの方向でしか機能しませんでした。自分の電子知識では謎のままです。

 組み上げた基板です。ずいぶん小さくできましたが、ボディとの取り合いの関係で4度も基板を作り直す羽目になりました。
IMG20211101120122

 トップカバーに組み込んでみました。
IMG20211101132747

 ボディに取り付けてみます。コネクタの数をへらすためにパイロットランプのケーブルはこの基板に配線しておきます。
IMG20211103080328_(2)

 ヘッド部を除いて工作は大体終了したので、しばらくはソフト開発にとりかかります。
 予備試験はしてあるとは言えど、いろいろとトラブルはありそうです。
 嫌な予感。
 
(続く)